実用書写「市・区版」Part-40

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は宮城県の角田市と多賀城市です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

「首相は『橋渡し』と言うが何もしない」 核兵器禁止条約署名せぬ政府に被爆者抗議
毎日新聞 2020/08/09 17:12

—–前略—–

 長崎で被爆した原水爆禁止日本国民会議の川野浩一議長(80)は「75年、核廃絶はなんでできないのか。首相は『橋渡しをする』と言うが何もしない。『米国の核の傘の下でぬくぬくと住んでいけばいい』という考えだ」と批判。参加者は原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて黙とうした。

—–後略

 確かに長崎や広島、いや原爆を落とされた日本人にとって、今すぐにでも核廃絶をしてほしいと思うのは当然の事でしょう。いや、戦争なんか起こらない世界にするべきだと思います。

 そして核兵器禁止条約に参加すべきと考えるのが心情だと思います。なぜ日本はその条約に参加しないのでしょうか。

 普通に考えられるのは、核の傘下に75年もの長きに渡り守られてきたのも事実である事。この考え方に反対する意見も多数ある事は知っています。

 しかし、戦争とはそんなもので、強い者が弱い者を制する事で物事の解決を図ろうとするのですから、当然兵器も一番強い破壊力のある物を持ちたいと思うのは自明の理です。朝鮮民主主義人民共和国、通称北朝鮮もその路線を歩んでいます。

 また、勝手な言い分ですが、ちょっと視点を変えれば、済む事で、戦争が起こらない世界を作る事に傾倒すれば、核も細菌兵器も、ミサイルも無用の長物に化してしまうと思います。

 もちろん、人類には歴史を顧みても、欲にどっぷり浸かっています。これを無くすことは至難の業で、仏教でいう所の貪瞋痴とんじんちと言われる煩悩から逃れる事に気付いた偉人が何人も輩出されていますが、何千年の歴史を経ても人間はこの貪瞋痴から逃れる事は出来ていないのが実情です。いや、ますます拍車をかけているように思えます。

 話が横道に逸れてしまいましたが、元に戻しましょう。今日本は本当に核兵器禁止条約を受け入れられるのでしょうか。

 仮にこれに参加して、核の傘下から出たとしたら、確かに自立した国と言えるでしょう。しかし、自立する為には、現在のいつ戦争に巻き込まれるかも知れない状態であれば、自立するための条件が整わなくてはなりません。

 要するにスイス、オーストリア、トルクメニスタンのような永世中立国になったとしても、武装しなければならないのが、現実です。

 さて、日本はどちらの道を選択するのでしょう。現実はそう甘くはないようです。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、まず「偏(へん」を書いています。
 その理由は、ある程度の「偏(へん」を覚えるだけで、文字を上手く書けるようになると思うからです。ただし、個人的にですが。
 まず、部首の中で大体ランク付けをすると、一番多い[さんずい]と呼ばれている物を挙げています。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です