実用書写「市・区版」Part-83

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は栃木県の矢板市と那須塩原市です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

アビガン、年内にも承認の可能性 「早期に症状を改善」
朝日新聞社 2020/09/23 21:45

 新型コロナウイルスの治療薬候補「アビガン」について、富士フイルム富山化学は23日、臨床試験(治験)の結果、症状を改善する効果が確認できたと発表した。10月にも国に製造販売の承認を申請する。年内にも承認される可能性があり、承認されれば日本で開発された初めての新型コロナ治療薬となる。

 富山化学は3月末~9月中旬、20~74歳の重症でない新型コロナウイルス肺炎の患者156人を対象に治験を実施した。アビガンを飲んだ患者では、解熱や肺機能の改善が進み、かつPCR検査の結果が陰性になるまでにかかる日数の中央値が11・9日で、偽薬を飲んだ患者の14・7日より2・8日短くなったという。

 同社は「早期に症状を改善することを統計的有意差をもって確認できた」としている。また、これまで報告されている尿酸値の上昇や肝機能の低下などの副作用以外に「安全性の新たな懸念は認められない」とした。

 アビガンは新型インフルエンザ治療薬として承認を受けていて、一部の病院ですでに、患者の希望と医師らの判断で使える「観察研究」という枠組みで新型コロナにも使用されている。正式に承認されればいまより多くの患者に使える可能性がある。ただ、動物実験で胎児に奇形が生じるおそれがあることがわかっており、妊娠中やその可能性のある女性、相手の男性には使えない。

 副作用も分かっているので、使い方は限定的かも知れませんが、アビガンについては、かなり前からその効果について発信されていたと思います。

 私が下線を引きましたが、それ以外の患者に効くと良いですね。特に高齢者の重症患者には効果がありそうです。

 ただ、もっと効果のある薬が早く開発されれば、なお良いと思いますので、研究者の努力に期待したいと思います。

 こういう研究にもっと予算を計上する分けにはいかないのですかね。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、まず「偏(へん」を書いています。
 その理由は、ある程度の「偏(へん」を覚えるだけで、文字を上手く書けるようになると思うからです。ただし、個人的にですが。
 ここでは、部首の中で大体ランク付けで三番目に多い「てへん」を取り上げています。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です