実用書写「市・区版」Part-298

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は京都府の左京区と中京区です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

インドの惨状「どこでも起こり得る」 WHOが警告
AFPBB News 2021/04/30 05:14

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は29日、欧州諸国に対し、新型コロナウイルス対策を緩和すれば「最悪の状況」が起こり、インドのように感染者が急増する可能性があると強く警告した。

 人口13億人のインドでは新規感染者数と死者数が急増。大規模な集会が要因の一つになった可能性が指摘されている。

 WHO欧州地域事務局のハンス・クルーゲ(Hans Kluge)事務局長は29日の記者会見で、インドで起きているような流行の新たな波を防ぐためには、各国が制限措置の緩和を急ぐという過ちは犯すべきではないと警告。

「ワクチン接種率が低いまま、個人の感染予防措置が緩和されたり、大人数の集会が開かれたり、感染力の強い変異株が出たりすれば、どの国でも最悪の状況が起こり得る」と指摘し、「インドの状況はどこでも起こり得るのだと認識することは、非常に重要だ」と述べた。

 インドでは現在、変異株「B.1.617」が猛威を振るっているが、WHOはこの変異株が他の株よりも感染力や致死率が高いのかについてまだ見解を出していない。
【翻訳編集】AFPBB News

 インドでの状況に詳しくない私がとやかく言うのはおかしいですが、「急いては事を仕損じる」と言う言葉もあるように、この新型コロナウイルスに関しては、じっくり腰を据えてかかる必要があるように思っています。

 まだワクチンの接種も滞り気味の我が国では、そんなに早く事態が収束に向かうとは思いませんから、インドのような事は無いとは思いますが、中には石橋をたたかずに渡る人も出てくるでしょうね。

 私はマンション生活ですが、昨日朝いつものように大阪城に行く時に、マンションの告示板に、ワクチン接種の通知が貼りだされていました。そして、個人あてにワクチン接種券が届きました。まだ予約は先ですが、着々と準備をされているようです。

 ようやく、と言うと一生懸命準備をしている人に対して悪いですが、ワクチン接種が始まるようです。

 昨日も書きましたが、ワクチン接種は一定の成果を上げるとは思いますが、100%効くわけでは無い事を知って、例えワクチン接種が終わっても、まだまだ感染予防を続けたいと思います。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、まず「偏(へん」を書いています。
 その理由は、ある程度の「偏(へん」を覚えるだけで、文字を上手く書けるようになると思うからです。ただし、個人的にですが。
 ここでは、部首の中で大体ランク付けで十九番目に多い「こざとへん」を取り上げています。ちなみに「こざとへん」は「阜」を略した象形文字だそうです。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です