実用書写「市・区版」Part-293

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は滋賀県の栗東市と甲賀市です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

ひろゆき氏「政府に強権を渡すしかない」 感染拡大防止へ、個人の努力には限界と持論…太田光は反発「俺は嫌だな」
中スポ 2021/04/25 12:47

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」を立ち上げた実業家ひろゆきさん(44)が25日、TBSテレビの情報番組「サンデー・ジャポン」に出演。新型コロナウイルス感染拡大をとどめるには、「政府に強権を渡すしかやり方はないんですね。個人ががんばりましょう、個人が悪いという方向にするのは僕は間違っていると思う」と語った。

 ひろゆきさんは「個人ががんばって解決した国は今のところないんですよ。欧州ががんばりましょう、だめでした、となった。シンガポール、香港、中国、台湾は、(政府が)個人の権利を制限して、外に出ちゃいけませんよとか、外に出る時には、必ずスマホで位置情報を記録してくださいとやって抑えられている。ニュージーランドやオーストラリアには外国人は入れない」と各国の対応を説明。

 「個人ががんばってなんとかできた国はほぼないので、政府に強権を渡すしかやり方はない」と日本にもリーダーシップを求めた。

 これを受け、司会のお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光は「個人が悪いんじゃないけれど、国の権力を高めようというのは俺は嫌だな。コントロールできていないといっても、1年間、暴動も起きずにちゃんとやっている。日本人は自分で考えてコントロールしてきた」と異議を唱えた。

 どちらの言い分も理解はできます。しかし、日本に強権は向かないのですが、後手後手と言われている原因は、個人の自由を許しているからだと思います。

 もちろん、政府に強いリーダーシップを持たせるのは、ある意味危険である事も事実です。地位と言うのは、権力を得る事ではなく、責任を持つ事だと、誰かが言ってました。

 しかし、今は緊急事態の最中ですから、国民が一致団結する為にも、法的な制限が必要だと思います。

 ですから、何度もこのブログでも言ってきましたが、この新型コロナウイルスが収束するまでは、国民が一致団結できるような方法を取らざるを得ないのではないでしょうか。

 未だに自分勝手な事を、口々に言っていますが、それは平和な時にこそ、いや非常事態ではない時には、非常に魅力的であり、そう願いたいのですが、医療崩壊や、国が無くなってしまっては、元も子もありません。

 収束までの期間は、言う事を効かせましょう。しかし、大部分の国民は、単なる非常事態宣言、いわゆる国からの願いを素直に聞いている事も事実です。

 僅かな人が、言う事を聞かないだけだと思いますから、思い切って行動を制御できるような事を実施しても良いのではないかと思います。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、まず「偏(へん」を書いています。
 その理由は、ある程度の「偏(へん」を覚えるだけで、文字を上手く書けるようになると思うからです。ただし、個人的にですが。
 ここでは、部首の中で大体ランク付けで十八番目に多い「かたなへん」を取り上げていますが「りっとう」と言われるものも含んでいます。この場合「へん」とは言えませんが取り上げました。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です