実用書写「市・区版」Part-376

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は島根県の江津市と雲南市です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

米当局、ワクチン未接種者の死者増加に警鐘 世界でデルタ株主流に
REUTERS 2021/07/17 02:30

[16日 ロイター] – 米保健当局者は16日、インドで最初に検出された感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」が世界で主流になっており、米国ではワクチン未接種者の間で死者が拡大していると警鐘を鳴らした。

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長によると、国内の新型コロナ感染者数は前週比70%、死者は26%それぞれ増加した。感染はワクチン接種率の低い地域で目立ち、ここ数カ月、減少傾向にあった国内感染者数は再び増加に転じている。

1日当たりの感染者数は7日平均で2万6000人と、6月に記録した低水準の1万1000人から倍増超となっている。

ワレンスキー所長は、コロナ感染による入院者の97%がワクチン未接種者と指摘。「ワクチン未接種者の間でのパンデミック(世界的大流行)になりつつある」と警告し、ワクチン接種を受けるよう呼び掛けた。

ホワイトハウスの新型コロナ対策調整官を務めるジェフ・ザイエンツ氏によると、ワクチン接種率が平均を下回るアーカンソー、フロリダ、ルイジアナ、ミズーリ、ネバタ各州での感染者増加が顕著で、新規感染者の5人に約1人がフロリダ州で確認されているという。

米政権の首席医療顧問を務める感染症の専門家アンソニー・ファウチ氏は、デルタ株が世界約100カ国で確認されたとし、「手ごわい変異株への対応を迫られている」と述べた。

 このデータを作成することは、日本でも必要だと思います。

 ワクチン接種が続く現在では、需要と供給のバランスが崩れ、打ちたくても打てない状態の地域もあると思われます。

 しかし、まだ、ワクチンに疑問視する意見が散見する中、このような記事は、ある意味では洗脳と言われるかも知れませんが、根拠に基づくデータの開示が必要であると思います。

 もちろん、打つ打たないは、個人の自由に委ねられている日本の現状ですが、もう少し死者が増えた場合も、個人の自由を守るのですかね。

 やはり、非常時と平常時の違いが、必要になるのではないかと思います。

 また、このニュースで見る限り、ワクチン接種は有効な手段と思われます。

 死に至る程の副反応は、どうかと思いますが、熱が出たり、注射の跡が痛いとか、倦怠感などは我慢しても良いと思っています。抗体が出来ると言うのは、そう言う事だと理解していますので。

 それにしても、ワクチンの管理がずさんな事が気になります。ワクチン1494回分廃棄

 ただでさえも、需要と供給のバランスが崩れ、予約のストップを選択しないとならない所があると言うのに、いい加減にして欲しいものです。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、ここでは、部首の「山部」「さんぶ」を取り上げています。この「山部」は、偏(へん)、旁(つくり)など色々な種類が混在しています。そして、部首の「大部」「だいぶ」は、「だい・だいかんむり・だいがしら」を含めて書きました。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です