実用書写「市・区版」Part-377

スポンサーリンク

 都道府県にある市=792、特別区=23、政令区=175 、合計=990を順を追って書いてます。

 今日は岡山県の岡山市と北区です。都道府県と同様、楷書と行書で書きました。

 ニュース 

接種率、最終的に6割超の見通し 河野行革相、若者が課題
共同通信社 2021/07/18 11:49

 河野太郎行政改革担当相は18日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチン接種の達成率について、最終的には国民の6割以上になるとの見通しを示した。「多くの国で接種率が約6割に達してから横ばいとなる傾向にある。日本もそこまではいける」と述べた。さらなる上積みには、若者の積極的な接種が課題だとした。

 同時に「接種した女性は不妊になる」などの誤ったインターネット情報を信じ、接種に不安を感じる若者が多いと指摘。「プラットフォーム側に対応してもらう必要がある」と強調した。

 政府集計によると、2回の接種を終えた国民は16日時点で約2576万人、接種率は20.3%。

 気持ちは十分解るのですが、今は若者とか中高年者とか言ってる場合ではなく、まずワクチンの供給がスムーズに運ぶ事が問題ですよね。

 この接種率を見るとまだまだ接種率は増えるとは思います。それでも、折角接種率が上がるかに見えた時に、予約を中止せざるを得ない状態になること自体が問題ですね。

 まず、この状態を整理して、是非スムーズに需要と供給のバランスを取り戻してもらいたいものです。

 折角、職域接種や企業、学校などで接種の準備ができている状態で、予約を取り消したり、あるいは中止せざるを得ない状態では、若者の中でも打ちたい人も打てない状態ではないでしょうか。これでは国の、あるいは自治体のやり方に問題があるとしか思えません。

 お互いに非を認めて歩み寄り、まずいつでも接種できる準備を整えて欲しいと思います。

 確かに外国では、接種率が6割に達すると横ばいになるようですが、日本でも同じようになるかは、今後の施策にかかっていると思います。

 自由を謳歌したい気持ちが勝つか、それともある程度、個人の自由が束縛されても全体の幸せを願えるか、国民性にかかっています。

 出来れば、私は全体の幸せを願いたいですね。

 その為には、副反応に対するデマも無くしたいですが、実際に死亡する人も散見できます。

 この副反応に自信をもって、医療で解消する事が出来れば、ワクチン接種を拒否する材料が消えるのではないかと、私は思います。

 (副反応時に使える市販の解熱鎮痛薬)こんな情報もありましたので、ここに載せておきますが、今のところ重症者や死亡に至る場合の対処方法は明らかではありません。

 割合的には非常に稀ですが、やはり副反応で死亡と言うのは、折角接種しようとした人も躊躇すると思いますので、何とか対処の方法を示す事が出来れば良いと思います。ただ、対処できないから死に至るのでしょうが。

 

楷書   行書
楷書   行書

 常用漢字2136文字の中から、部首の多い順で文字を書いています。
 部首と言っても、「偏(へん)、旁(つくり)、冠(かんむり)、脚(あし)、構(かまえ)、垂(たれ)、繞(にょう)」の七種に分けられていますが、ここでは、部首の「大部」「だいぶ」、「だい・だいかんむり・だいがしら」を含めて書きました。
 やはり、ここでも、楷書・行書・草書を書いています。

楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
楷書 行書 草書
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です