『不動智神妙録』から学ぶ(Part 6)
「心の置き所」

スポンサーリンク

 さて、今日は「不動智神妙録」の六番目の項目にある、心の置き所を紹介しながら、読み解いて行くことにしましょう。

  • 心の置き所 

     心を何処に置こうぞ。
     敵の身の働に心を置けば、敵の身の働に心を取られるなり。敵の太刀に心を置けば、敵の太刀に心を取られるなり。敵を切らんと思ふ所に心を置けば、敵を切らんと思ふ所に心を取らるゝなり。我太刀に心を置けば我太刀に心を取らるゝなり。我切らじと思ふ所に心を置けば、切られじと思ふ所に心を取らるゝなり。人の構えに心を置けば、人の構えに心を取らるゝなり。兎角心の置き所はないと言ふ。
     或る人問ふ、我心を兎角余所へやれば、心の行き所に志を摂止めて、敵に負けるほどに、我心を臍の下に押込めて余所にやらずして、敵の働によりて転化せよと云ふ。
     尤も左もあるべき事なり。然れども仏法の向上の段より見れば、臍の下に押込めて余所へやらぬと云ふは、段が卑しくし、向上にあらず。修行稽古の時の位なり。敬の字の位なり。又は孟子の放心を求めよと云ひたる位なり。上りたる向上の段にてはなし。敬の字の心持なり。放心の事は、別書に印し進じ可御覧候。
     臍の下に押込んで余所へやるまじきとすれば、やるまじと思ふ心に、心を取られて、先の用かけ、殊の外不自由になるなり。

    続きを読む
     或人問うて云ふは、心を臍の下に押込んで働かぬも、不自由にして用が欠けば、我身の内にして何処にか心を可置ぞや。
     答へて曰く、右の手に置けば、右の手に取られて身の用欠けるなり。心を眼に置けば、眼に取られて、身の用欠け申し候。右の足に心を置けば、右の足に心を取られて、身の用欠けるなり。何処なりとも、一所に心を置けば、余の方の用は皆欠けるなり。
     然らば即ち心を何処に置くべきぞ。
     我答へて曰く、何処にも置かねば、我が身に一ぱいに行きわたりて、全体に延びひろごりてある程に、手の入る時は、手の用を叶へ。足の入る時は、足の用を叶へ。目の入る時は、目の用を叶へ。其入る所々に行きわたりてある程に、其入る所々の用を叶ふるなり。

     万一もし一所に定めて心を置くならば、一所に取られて用は欠くべきなり。思案すれば思案に取らるゝ程に、
    思案をも分別をも残さず、心をば総身に捨て置き、所々に止めずして、其所々に在りて用をば外さず叶ふべし。
     心を一所に置けば、偏に落ると云ふなり。偏とは一方に片付きたる事を云ふなり。正とは何処へも行き渡つたる事なり。正心とは総身へ心を伸べて、一方へ付かぬを言ふなり。心の一処へ片付きて、一方欠けるを偏心と申すなり。偏を嫌ひ申し候。万事にかたまりたるは、偏に落るとて、道に嫌ひ申す事なり。
     何処に置かうとて、思ひなければ、心は全体に伸びひろごりて行き渡りて有るものなり。心をば何処にも置かずして。敵の働きによりて、当座々々、心を其所々にて可用心歟。
     総身に渡ってあれば、手に入る時には手にある心を遣ふべし。足の入る時には足にある心を遣ふべし。一所に定めて置きたらば、其置きたる所より引出し遣らんとする程に、其処に止て用が抜け申し候。心を繋ぎ猫のやうにして、余処へやるまいとて、我身に引止めて置けば、我身に心を取らるゝなり。身の内に捨て置けば、余処へは行かぬものなり。
     唯一所に止めぬ工夫、是れ皆修行なり。心をばいつこにもとめぬが、眼なり、肝要なり。いつこにも置かねばいつこにもあるぞ。心を外をヘやりたる時も、心を一方に置けば、九方は欠けるなり。心を一方に置かざれば、十方にあるぞ。
    【出典】池田諭(1975)『不動智神妙録』, p.53.-p.60.

    【読み解き】
    あーちゃんが、ブログ書くのを手伝おうとしていますが、あーちゃんに心を止めると、ブログが書けません。と、言うより、邪魔しています。『ddddddd//////////////////////////////////////////////////////…..』って書いてくれました。
     沢庵和尚は、ここでも、同じような事柄を例にとり、ひたすら『不動智』について解説を試みていますが、この項では、じゃあ、一体どこに『心』を置けば良いのかを、修行の段階に応じて説明しています。
     武道の世界では、臍下丹田(参照)と言う言葉を使いまが、ここに心を置くため、呼吸方法などにより強化する事があります。沢庵和尚は、これも「敬の字の心持」と初心の段階で行う稽古であると言っています。孟子の言う、「放心を求めよ」についても同じレベルであると言います。この「敬の字の心持」と「放心を求めよ」については、改めて項を変えて説明しています。
     確かに、臍下丹田に心を置くと、心が臍下丹田から動かなくなりそうですね。「唯一所に止めぬ工夫、是れ皆修行なり。」と言っています。
     私は、『無心の前の一心』と言っています。経験上ですから、初心と呼ばれる部類に属するものと思いますが、稽古の段階で、命を懸けるくらいに一心になっていると、ある時、ふと、その一心が無くなる瞬間があります。この事は、今風に表現すると、CPUを複数持っているコンピュータが同時に複数の処理をこなす事と似ているように思います。
     例えば、中段の蹴りを受けながら、決して心は奪われず、次の攻撃に対処すると同時に、相手に隙があるとみると、すぐさま攻撃に移れる状態ができるという事です。
     今から40年程前になりますが、オートバイに乗って道路の左端を走っていた時、突然右側を走っているタクシーが前に割り込み、左の扉を開いたのです。気が付くのが遅かったのか、ブレーキを掛けたのですが、止まる事も出来ず、オートバイから投げ出され、体は歩道の電信柱にまさに激突するかと思われたのです。咄嗟に目の前の電信柱に十字受けをして、事なきを得ました。当然両腕は、かなりの擦り傷になりましたが、ほんとにあっと言う間の出来事でした。しかし、情景がかなりスローモーションであった事を覚えています。
     こういう経験をした人は、数多くいると思います。その時事なきを得た人の心の在り方が不動智というのではないでしょうか。
     逆の事も多く経験しました。組手の最中に、相手の中段蹴りを、いつになく上手く受けられた時の事です。当然、上手く受けられたのですから、「間、髪を容れず」反撃をするべきなのですが、あまりにも綺麗に受けてしまったものですから、心がそこに居ついてしまい、反撃の機会を失ってしまい、次の攻撃を受けてしまう事になりました。
     まさに、「心を一方に置けば、九方は欠けるなり」を絵に書いたようなものです。
    【参照】
    一般的には、眉間と呼ばれる眉毛の間の皮膚の下にある上丹田、鳩尾(みぞおち)又は水月と呼びれる皮膚の下にある中丹田、臍の3寸の皮膚の下にある下丹田(これを臍下丹田)と呼ばれているが、これに頭頂部会陰を丹田に入れる場合もあります。
    【参考文献】
        
    ・池田諭(1970-1999)『不動智神妙録』 徳間書店.

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です