独行道を読む
【常尓兵法の道を者奈礼寸】

スポンサーリンク

【出典:熊本県立美術館 所蔵品  データベース   独行道】

 今回で、『独行道』も21ヵ条目で、最後になりました。参考文献は、殆ど参考にせず、独自の見解で読み進めてきました。私の見解が正しいのかどうかは、実の所分かりません。それでも、『五輪書』から武蔵の実像を想像しながら、ここまで読み進めてきました。
 活字にしても、墨蹟(武蔵の自書)になるべく近いものにしようと、他の参考文献とは違う、変体仮名の元になった漢字を当てました。

 『独行道』最後の常尓兵法の道を者奈礼寸は、『常に兵法の道を離れず』と読んで見ます。

[尓](に) [者](は)  [奈](な) [礼](れ) [寸](ず)

 武蔵は武芸者ですら、当たり前と言えば当たり前なのですが、『24時間戦えますか』の歌詞で有名になった、リゲインと言うドリンク剤もすでに、30年近く前の話になります。このリゲインのキャッチコピーも時代と共に変わり、2014年には、24時間戦うのはしんどい3、4時間戦えますか?と変わりました。もう、3年も経ちますが、時代を反映していると、驚きました。

★下のバーをクリックすると『独行道』全文が見えます!

 時代の流れと言うのは、どんどん色んなものを変えていきます。僅か70年の人生の間にも随分様変わりした事があります。

 世の中には『不易流行』と言う言葉があります。ビジネスの世界でもよく使われる言葉です。意味は説明するまでもないと思いますが、「不易を知ら座れば基立がたく、流行を辧へざれば風あらたならず。」と、俳人・松尾芭蕉が旅の途中で体得した概念で、俳諧の理念とされています。
 要するに、変わる事のない真理を基礎として、時代により変化する事を感じなければ進歩しない。という事を言っています。
 簡単に言えば、世の中には、変えていいものと、変えてはいけないものがあるという事です。そして、変えてはいけないものを、知る事が大切だと思います。

 武蔵が言う、『常に兵法の道を離れず』も、真理を知るための一つの方法だと思っています。

 私も武蔵や芭蕉と比較は出来ませんが、一つの道を迷いながら、そして、寄り道をしながらも、空手道と言う道を歩き続けてきました。私がよく言う『いい加減』にですが、それでも社会生活とバランスを取りながら、歩み続けています。

 私には、真理は未だ見えずにいますが、一つの道を歩み続けたお陰で、幹になる部分はあるのではないかと、思っています。いわゆる、拠り所を空手道に置いています。
 人間は、真直ぐな道を、真直ぐに歩んで行くことが、許されていないのかも知れませんが、ある日突然、岐路に立たされます。そんな時に、拠り所となるのが、私の場合は、空手道と言う道でした。
 武蔵は、『 佛神八貴し佛神越太のま須』と誓い、神仏に頼る事は無かったと思います。それは、自分に頼る道があったからだと、思います。それが、武蔵の場合は、兵法に他なりません。

  髓心とはの『心の開放』にも書きましたが、御釈迦様が最後に残した言葉『自灯明』の通り、「おのれこそおのれのよるべ、おのれをおきて誰によるべぞ、よくととのえしおのれにこそ、まことえがたきよるべをぞ獲ん」の心境に達する為にも、『常に兵法の道を離れず』が必要なのではないでしょうか。

  今日で、『独行道』もようやく読み終わりました。
明日は大晦日、良いお年をお迎え下さい。
明日から一週間ほど、ブログはお休みさせていただきます。
来年もよろしくお願いします。

 【参考文献】 
・佐藤正英(2009-2011)  『五輪書』ちくま学芸文庫.

スポンサーリンク

1件のコメント

  1. 三好先生、今年も一年、大変ありがとうございました。
    ブログも毎日楽しみに拝見させていただきました。
    少しづつですが、”はっ”と思うところもあり、大変勉強になりました。
    新たな一年、ご健康をお祈りいたします。
    どうぞ、良い年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です